ボブの内巻き ドライヤーブローのコツとストレート アイロン・コテで後ろをワンカールさせるやり方

公開日:2016年6月28日

hair-blow

オシャレで可愛らしい印象のボブヘアは女性のみならず、男性目線からも人気の髪型です。

しかし、その長さ故にクセがつきやすかったり、ヘアセットが思うようにいかない!という悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、悩めるボブヘアさん向けにドライヤーブローのコツと、ストレートアイロンで後ろを上手にワンカールさせるコツをまとめました!

これからボブヘアにチャレンジしたい!という方も必見です!



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







はじめはハンドブローから!

hanndo

まずは軽くハンドブローから始めましょう。

この時にサイドの髪を逆サイドに向けて乾かすのがコツです。

特に右側は跳ねやすいので丹念に左方面へ流しこみましょう。

実は右側が跳ねやすいのには理由があります。

日本人の過半数はツムジが右巻と言われています。

ツムジから毛流が始まっているので左右では毛根の向きが異なるのです。

そのため、ツムジが右巻の人は右側が跳ねやすくなってしまうのですね。

この毛根の向きを生かした跳ねにくくする技があります。

それは、後ろから前へ、下から上へ向かって乾かすことです。

そして指で根元から引っ張って毛先まで手櫛します。

そうすることによって跳ねにくいボブの土台が完成します。

仕上げにはブラシを使おう!

kusi

ハンドブローが終わったら次は、奥の髪を取って、ブラシをグッと根元の方まで入れ込みます。

そしてそのまま内側へカーブされながら引っ張ります。

サイドは3回、後ろは2回に分けてブローするとキレイに仕上がります。

ブローをするとなると、どうしても目に見える表面からはじめてしまう、という人も多いかもしれません。

しかし、表面の髪をブローした後に奥の髪をブローするのは大変ですし、キレイにブローした毛先がまだブローされていない髪にあたることで元に戻ってしまう可能性も少なからずあります。

なので、必ずブローは奥⇒表面という順番を守りましょう。

ストレートアイロンは「引っ張る」のがコツ!

osusume

跳ねている髪をキレイにスタイリングできちゃうアイテムと言えばストレートアイロンですよね。

ストレートアイロンを使えば、跳ねている髪もアッという間に元通りになるので手放せない!という人も多いと思います。

ストレートアイロンというと、ストレートヘアにする時に使用するモノ、と思ってしまうかもしれませんが、実は巻き髪もできてしまう優れモノなのです!

ストレートアイロンでキレイにワンカールにするには、まず、指で髪をならします。

そして髪の下の方を押さえながらストレートアイロンを上から滑らせていき、最後は引っ張るように自分の方に大きく円を描くように滑らせるとキレイなワンカールが仕上がります。

後ろの髪は少しやりにくく感じてしまうかもしれませんが、左右に分けて、前の方に持ってくると、鏡を見ながら巻きやすいです。

また、ストレートアイロンではなく、コテを使用する場合は、32mmのものがオススメです。

トレンドのふわふわゆる巻きが簡単に手に入りますよ。

 

女の子らしさ満点なボブの内巻き。

スタイリング方法をマスターして女度をグッと上げちゃいましょう!

⇒ゆるふわで女度アップを目指せ!アップカチューシャのやり方

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

20代, 30代, News!, アレンジ, 場所-シチュエーション, コテ-ヘアアイロン, ボブ, 自宅, 身だしなみ-エチケット の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)