失敗しないセルフカットのやり方!髪全体をすく&後ろ髪を上手に切る方法は?

公開日:2016年5月31日
最終更新日:2016年6月30日

美容院に行ってもなかなか自分の思うような髪型のオファーができない……

それでいつもイメージとは違う仕上がりになってしまう……

ならばいっそのこと、自分で切ってしまおう!

そう思った経験はありませんか?

セルフカットは自分で思い描いた髪型にできる!と思いがちですが意外と難しいものです。

しかし、どんな事にもコツはあるものです。

失敗しないセルフカットのコツをご紹介致します!



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







髪全体をすく時はクリップを使いながら少しずつ進めること!

serufukatto

髪をすきたいのであれば、すきばさみを使用しましょう。

そして、すきたい部分をつまんで、ねじって、はさみを縦に入れます。

美容師さんの見よう見まねで最初から大胆にすいてしまうと思わぬ髪型になってしまう恐れもありますので、はじめのうちは少しずつ慎重に切っていくのが無難です。

また、髪全体を自分ですく時に心配なのが、同じところをすいてしまわないか、です。

なので、一度すいたところはクリップでとめて一目で分かるようにしておきましょう。

そうすることによって失敗する率をグッと減らすことができます。

後ろ髪を切る際には手鏡が必須アイテム!

serufukatto1

後ろ髪は自分には見えない部分なので、難易度も高い部位であると言えます。

自分には見えない部分だからこそ手鏡は必須アイテムです。

オススメな方法は、まず後ろ髪の切りたい長さのところをゴムで結びます。

この時にいくつかのブロックに分けた方が少しずつ切れて失敗しにくくなります。

そして、ゴムで目印をつけた部分をチョキチョキ切っていきます。

切れたらゴムを外し、手鏡を見ながら調整しましょう。

それを全てのブロック行います。

一つのブロックが切り終わるごとに前のブロック部分と少しずつ調整しながら切ります。

その方が、最後に全ての髪を調整するよりもはるかに労力がかからずに済みます。

そして最終的にバランスを見て微調整を行えば完成です!

 

セルフカットは、自分のイメージを実現できるだけでなく、美容院代の節約にもなります。

また、慣れてくればカットするのも楽しくなってくるでしょう。

賢く、お得に理想の髪型をGETしたいですね!

⇒セルフでもキレイに仕上がる!ボブの内巻きのドライヤーブローとワンカールのコツ

⇒お手軽にコンプレックス解消!セルフ縮毛矯正のコツ

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

アレンジ, 美容院-サロン, 身だしなみ-エチケット の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)