トリートメントなのに染まるカラーバターとは?使い方・色持ち・色見本・グラデーション・種類

公開日:2017年3月1日
最終更新日:2017年3月5日

美髪がほしいけどオシャレ髪も止められない方にとっておきのカラーバターを徹底的にご紹介しました!



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







カラーバターとは?ヘアマニキュアや市販ヘアカラー剤との違い

  1. 泡カラーなどのヘアカラー剤=ブリーチ+カラーの入った薬剤のみ。色持ちは1ヶ月~3ヶ月と長持ちする。
  2. ヘアマニキュア=薬剤ほどダメージではないが、有機溶剤が入っていてパサつきの原因になる。色は2~3週間で落ちる。
  3. カラーバター=ブリーチ無し、有機溶剤無しの染料入りトリートメント(リンス)なので美髪になる!ただし1~2週間で褪色する。

このように区別されます。

色落ちがしやすいということは、逆に言うと中学生や高校生の夏休みだけ、春休みだけ、冬休みだけ、といった短期のヘアカラーに向いているということです。部分的な白髪染めにも人気です。

または色んな色を試してみたいという好奇心が強い方、飽き性な方にもお手軽にチャレンジできるスグレモノです。

しかも何度も繰り返しカラーバターを使っても美容成分が主なのでほとんどダメージは付かず、むしろキューティクルが良くなって塗るたびにツヤツヤになるという嬉しい声もたくさんあります♪

プリン隠しや毛先のグラデーション遊びアレンジにもササッとコスパ良く使えるので、お洒落さんなら押さえておきたい逸品ですb

カラーバターの注意点

先ほどお伝えした通り、カラーバターにはブリーチの薬剤が入っていません。

そのため、アンダーカラー(染める前の髪の色、ベースとなる色)が地黒のままだと全くといっていいほど色が出ません。

たとえば白い絵の具に赤を混ぜたら発色鮮やかなピンクになりますよね?これは言ってみればブリーチを事前にかけた髪に赤色のカラーリングをした状態です。

でも、黒い絵の具に赤を混ぜても、よっぽど大量の赤を入れまくらない限りは黒いままか、茶色がかった黒になるだけです。

青やビビッドピンク、紫など明るめのカラーバターを試したいという方は、あらかじめブリーチで色を抜いておくか、せめて茶色に染めておくと良いでしょう。

アンダーカラーを黒から他の色に移しておく、という考え方ですね!

市販カラーバターの使い方・塗り方やコツ

「乾いた髪だとダメって聞くけどどうなの?」

カラーバターのデメリットは伸びが悪いことです。

そのため、乾いた髪につけてもカラー剤の効果は変わりませんが、どうしても一箇所に溜まってムラができやすいのが難点。

ヤフー知恵袋では

「乾いた髪につけましたが、ゆるめのトリートメントで薄めると塗りやすかったですよ♪」

という回答が出てました。

「髪が長くて濡らすのも一苦労なの」

「濡れててもお風呂にカラーバターが流れ落ちやすくなって掃除が大変!」

という方は↑↑のコツを取り入れてみてくださいね♪

また、髪が汚れていたりホコリが付いていたりすると色の入りが悪くなるので、ドキドキですが外出する前に塗る方が自然な仕上がりになります。

塗り方は通常の市販ヘアカラー剤と同じく、襟足の毛先から頭皮に近づけるような順番で塗っていきます。

揉み込むようにして髪全体にムラなく伸ばしていくことがポイント。

あとは頭全体をサランラップでふんわり覆ってあげて、30分ほど放置するだけ。

「30分もやったら傷まない?」

と思うかも知れませんが、トリートメントが主でブリーチのような薬剤は入っていないため、放置しても全然大丈夫です。

ちなみにラップで覆っている間にドライヤーで少~しだけ熱を送ってあげると艶が出やすくなるので試してみてください!

なお、塗る際は使い捨てのプラスチック手袋を使うと、手に色が付かないので便利です。

30分が終わったら、ラップを取って自然乾燥を数分してください。

それから通常通りシャンプーで洗い流し、普段ご使用のトリートメントでケアしてあげれば完了です!

色見本・グラデーションの画像

ブリーチ⇒イルミナカラー×ピンクアッシュ


ダブルカラーを楽しめます。

ふつうの茶髪の毛先にグラデーションカラー♥

インナーカラーにグリーンメッシュ

akaneさん(@efil_akane)がシェアした投稿

派手目のコーデ狙いも◎

MA-YAさん(@kyumama0_0)がシェアした投稿

その他のカラーバリエーションや色見本はカラーバターのショップさんを覗いてみてくださいね^^

市販では「エンシェールズ」というブランドが人気デスb

カラーバターの成分・種類のご紹介

「カラーを入れたいけどダメージが気になる・・・」

髪のオシャレとパサつきは永遠のテーマですが、カラーバターはトリートメントに染料が入ったものなので、ゼロではないですが、ほぼダメージが付かないスグレモノ。

むしろカラーバターを使うことで

「髪がツヤツヤになった♪」

という声が出るほど美容成分がたくさん入っています。

カラーバターの3つの美容成分

  1. クパスバター=ツヤと保水力をグーンと上げてくれちゃう
  2. プラセンタエキス=毛髪&頭皮ケア
  3. ヒアルロンサンナトリウム&植物性タンパク加水分=ダメージ集中補修!

おもにこの3つの美容成分があります。

セラミドのように保湿力が高いから、サラサラのツヤツヤになるわけですね。

さすがトリートメントなだけありますよね^^

食べ物のバターも栄養たっぷりですから、本当に髪に栄養を与えてあげてるようなルンルン気分になりますよ♥

カラーバターの色持ちを長くさせる方法

トリートメントのコーティングがシャンプーで落ちるのと同じように、カラーバターもまたトリートメントなので普段の洗髪でカンタンに落ちていきます。

そんな色落ちが早いカラーバターですが、「あること」をするだけで脱色を遅らせることができます。

それが、「カラー剤と混ぜること」です。

市販のヘアカラー剤とカラーバターを混ぜることで、オリジナルな中間色も作れますし、何よりカラー剤が長持ちするので色落ちの心配がスっと少なくなります。

ただヘアカラー剤を使うと髪の傷みも出てくるので、カラーバターを繰り返し使う方も多いです。

自宅でサッとできるようになれば、美容院に通い詰めするよりもカラーバターのヘビロテの方が経済的になりますからね^^

風呂でやる時の注意点

自宅のお風呂でセルフ塗りする場合、気を付けたいのはカラーバターが壁に飛び散ること。

カラーバターは色味が強いので、Tシャツに付いたら中々洗濯しても落ちにくいですし、お風呂場でもあまり普段シャワーが当たらない壁の高い位置に付いたら気になるかも知れません。

ましてや賃貸マンションのお風呂だったりすると後々ドキドキしますからね^^;

また、タオルに色が付きやすいので注意。

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

10代, 20代, アレンジ, ヘアケアアイテム, 場所-シチュエーション, 色-カラー, イメチェン, トリートメント, リンス, 自宅 の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)