太っててもOK!安い留袖の大きいサイズがほしい!体重100kgヒップ100cm以上でも着付けOK

公開日:2017年11月30日
最終更新日:2017年12月8日

体型の悩みは人それぞれですね。

ふっくらした人、おやせの人、それぞれに悩みがあります。

ふっくらさんには、もともと太めな人から、ここ数年で太ってしまったという人まで、タイプはさまざま。

日ごろの服選びに気をつかっていれば、好きな色やデザインの服で、合うサイズがあるかないかは気になるところ。

親族としてお式に出席することになったりして、「留袖を着ることになっちゃった!」と戸惑っていませんか?

太っている人が、美しくきものを着るためのコツをご紹介します。

さらに最後に、色も多数、サイズバリエーションが豊富な留袖レンタルをご案内するので、どうぞご期待くださいね。



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







太っていると着物は着られない? 似合わない?

いえいえ ご安心ください。

着物はふっくら美人の味方です。

着物は、印象を”太い”から”ふっくら”に変える

今をときめく太っちょ美人の代表といえば、渡辺直美さん

彼女の自慢のボディは、慎重157cm、ヒップ120cm、体重は100kgと、とてもグラマラス。

ふだんの衣装だと凹凸の目立つボディを強調したファッションですが、着物姿の直美さんは、意外とキュート。

芸人さんならではの、おちゃめな浴衣姿のインスタ写真でも、よく見れば、すっきりとしたシルエットになっていて、ふだんの体形を思い出すと、それほど太って見えませんね。(極端な例ですがスタイルに注目よ!)

お手本にしたいふっくら美人

留袖など格式高い着こなしで、お手本にしたいふっくら美人は松坂慶子さん

おとなの女性ですね。

上品な留袖姿は、ちょっと太めな印象を持たれてしまっている人でも、ふっくらとした品のあるご婦人と思ってもらえるチャンスなのです。

大きいサイズ*美しく留袖を着るときのコツ

和装では、凹凸のないすっきりとしたスタイルが美しいとされます。

いわゆる寸胴(ずんどう)スタイルです。

ウエストをしっかり補正し凹凸が目立たないように。

バストは伊達締め(だてじめ)で締めて、ボリュームダウンし、首から胸にかけてのくぼみができるときは、コットンを入れて、肩の紋がきれいに見えるようになだらかに整えます。

補正用のコットンやガーゼ、ウエスト補正パッドが活躍します。

帯の上にバストが乗ってるように見えるのは、下品とされていて、品格を下げてしまいます

帯を締める前に、しっかりマジックベルトや伊達締めでバストをおさえましょう。

着つけに必要な小物の準備は基本中の基本ですね。

 

 留袖を着るときに、必要な草履・バッグを含む小物20点のくわしい解説はこちら

 

着物を美しく着るコツで、いちばん大切なことは、体形にあったサイズ選びです。

無理して小さいサイズのTシャツを着ると、パツパツで、恥ずかしいのと一緒。

留袖を知り合いに借りる場合や、若いころに作っておいたという留袖は、試着してサイズを確認しましょう。

留袖試着のサイズ*チェックポイント

・身幅チェック
試着してみましょう。羽織ったら、着物の衿を、右/下前(したまえ)、左/上前(うわまえ)と順に合わせますが、下前の端が左ももまで届かないと、下に着ている長襦袢(ながじゅばん)が見えてしまい、品がなくなってしまいます。

・帯の長さチェック

細い方に合わせて作られている帯は、長さも短く仕立てている場合があるので、計ってみましょう。

ふっくらさんが着るときには、帯の長さは4m以上ないと美しく結べません。

・身長・そで丈のチェック
<身長> 人に借りる場合は、身長差も確認。そでを通しても着つけた際のイメージができない人は、お互いの体形で比較するのがよいでしょう。

借りる相手の身長が10cm以上低い場合は、お借りしても着丈が短すぎて美しく着られないかも。

<そで丈> 背中の中心から手首までの長さをはかって、着物の背の中心から袖の端までをはかって、長さを比べてみて自分の方が10cmほど長いと手首より上が見えてしまう可能性大です。袖丈は、身長差がある場合ほど、短くなることが多いです。

着物にサイズがあるって、イメージしにくいかもしれませんね。

着物は理想の形に、着る人の体形を補正するという考え方。

ふっくらさんもおやせさんも、サイズを合わせることで、すっきりと着つけることができます。

美しく品よく着こなすためにはとても重要なのです。

身長・ヒップのサイズで選べる留袖

留袖が、自分用に作ったものでない場合、気をつかうことが多いですね

サイズのことを考えていたら、色や柄のデザインは選べなくなってしまいそう。

サイズバリエーションが豊富な留袖レンタルを利用すれば、細かいことを考える必要がなくなります。

好きな色や柄のデザインを選んだら、サイズを選ぶだけなのです。

身長148~157cm155cm~165cm163~170cm168~176cmまでから選べます。
ヒップ98cm未満98cm以上

その上、足袋22cm~5mm単位で30cmまでと豊富。

それぞれのサイズを組み合わせるだけだから、大きすぎず小さすぎず安心です。

着つけをしてくれる方と面識がない場合は、恥ずかしがらずに、事前に体型のことを相談しておきましょう。

プロの着つけ師なら、体形補正はお手の物ですし、万が一慣れていない方でも、相談内容に合わせたフォローを準備してくれるはず。

ヒップ98cm以上の方でも借りられる

⇒おすすめの留袖レンタルサービスの詳細はこちら

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

イベント, 結婚式 の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)