色落ち・脱色・パサパサ対策ケア!海やプールで傷む髪を修復・改善する方法

公開日:2016年6月6日
最終更新日:2016年7月2日

夏になると海やプールに出かける女性も多いはず。

でも、髪がバサバサ、キシキシになったり、紫外線で日焼けしたりと痛みが気になりますよね><

そんな悩みは、事前のケア&事後のケアで解決しちゃいましょう♪



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







海やプールの前に行うケア

IMG_9946

①洗い流さないトリートメントをつける

洗い流さないトリートメントは、髪の表面をコーティングしてくれます。

そのため、海やプールの塩分や塩素から髪を守ってくれるんです!

ミルボン ディーセス エルジューダ

elujuda_mo

出典:http://item.rakuten.co.jp/netsbee/25481/

②日焼け止めスプレーで紫外線対策

髪の水分がなくなり、バサバサにならないよう、髪にも使える日焼け止めスプレーで、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

こまめにスプレーし直すのがポイント☆

ナプラ ミーファフレグランスUVスプレー

img65933022

出典:http://item.rakuten.co.jp/momotaroucrub/na-0055/

③髪をまとめる

girl-638192_1280

海水やプールの水で濡れた髪は絡まりやすく、摩擦で傷んでしまう事も。

それを防ぐ為に、髪は結んでおきましょう!

まとめておくと、塩分や塩素に触れる面積も減るので一石二鳥です☆

関連記事:水着にピッタリな髪型アレンジ術

海やプールから帰ってきてから行うケア

①しっかりと髪を洗う

170204

 

海やプールの塩分や塩素は髪に付着しているので、シャンプーでしっかりと洗い流しましょう。

ただし、いきなりシャンプーで洗うのではなく、まずシャワーで髪全体をすすいでからにしましょう。

いきなりシャンプーで洗ってしまうと、塩分や塩素がついた状態のままとなってしまいます。

そこで、まずはシャワーで塩分や塩素、そのほかの汚れを落としてから、シャンプーを行うようにしましょう。

それから、泡立てたシャンプーで髪を洗ってください♪

シャンプーを泡立てずに使うと、すすぎ残しやすくなってしまい、頭皮のトラブルの原因になりかねません。

そのため、もこもこになるまで泡立ててから洗いましょう。

②トリートメントで栄養補給

170207

 

塩分や塩素で傷んだ髪には、トリートメントでしっかりと栄養補給してあげましょう。

トリートメントは、剥がれたキューティクルを補修する効果も発揮してくれます!

そこで、すぐに洗い流さず、2分から3分程度置いてから洗い流すのがポイント☆

③ドライヤーで乾かす

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

暑いからと自然乾燥はNG!

なぜなら、せっかくシャンプーで汚れを落としたのに、今度は空気中の細菌が髪についてしまうからです。

そこで、タオルで水分を拭き取ってから、ドライヤーで乾かしましょう。

熱風が同じ場所にあたると痛みに繋がるので、ドライヤーを動かしながら乾かしていくのがポイント☆

こうしたお手入れを行えば、海やプールに行っても綺麗な髪をキープできますよ♪

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

スポーツ, ヘアケアアイテム, 場所-シチュエーション, 天気, 色-カラー, 日焼け, 水泳, の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)