美容室の会話苦手!めんどくさい!話題・ネタ無いし苦痛。無言も気まずい

公開日:2016年6月2日

ちょっと気分を変えたいな、という時や季節の変わり目などに美容室に行きたくなる人は多いと思います。

しかし、あの美容師さんのハイテンションや必ず会話をしなければならない、というような雰囲気が苦手……という人もいるのではないでしょうか。

何とかしてあの攻撃(口撃!?)をかわせないものか……と考えている人もいるかもしれませんね。

そこで今回は美容院での会話が苦手な人向けに対策をまとめてみました!



スポンサードリンク






 

 


 

 


 

 




スポンサードリンク







思い切って「会話苦手なんです……」と伝えてみる

biyouinn1

美容師さんがやたら話しかけてくるのは、何も意地悪だからではありません。

「また来てほしいな」や「少しでも楽しい時間を過ごしてもらいたいな」というポジティブな気持ちからくる行動です。

ですから、基本お客さんの嫌がるようなことはしないはずです。

なので、最初から思い切って「私、実は会話苦手なんですよ」とカミングアウトしてしまう、というのも有効な手立てです。

こちら側が「会話は嫌」というようなニュアンスを出せば、「楽しい時間を過ごしてもらいたい」と思ってくれている美容師さんであればそっとしておいてくれるハズです。

逆に質問してみる

biyouinn

やたらこちらばかりに話題をふってくる美容師さんが苦手!という人であれば、逆に美容師さんに質問をし返すというのはいかがでしょうか。

例えば出身地を聞かれたとしたら、軽く答えて「美容師さんの出身はどちらなんですか?」と丸投げしてしまう感じです。

話好きな美容師さんであればあとは勝手に話し続けてくれるので、こちらは相槌ちを打つだけで乗り越えられます。

また、相手は髪のプロです。

なので、髪の上手なお手入れ方法や、ブローの仕方などを聞く、というのも自分の知識も増えるのでオススメです!

雑誌やスマホから目を離さない

zassi

いくら美容師さんに悪気はない、とは分かっていても「それでも一言も話したくない」という人もいるかもしれません。

その際は、雑誌やスマホに集中しましょう。

「話しかけないでください」というオーラを全身から放出するのです。

例え話しかけられたとしても一言返事しか返さないでいるとそのうち話を振られなくなります。

単純かつ有効な手段「寝る」

neru

もはや「話しかけられる可能性すらなくしてしまいたい」という人は「寝る」のが最適な方法です。

しかし、心証は悪くなってしまう恐れがありますので「ちょっと今日睡眠不足で……」や「疲れているんです……」など調子が良くないことは予め伝えておいた方がいいでしょう。

寝てしまえば話しかけられる心配もないですし、こちらも気まずい思いをすることもありません。

それに予め断っておけば美容師さんにも気を遣わせずに済みます。

何も本当に寝ることはありません。

目をつぶるだけでもOKです。

目の疲れもとれやすくなりますよ。

 

 

美容室に行くのをためらってしまう原因の一つが、美容師さんとの会話が苦痛なことだと言います。

また、実に50%もの人がこの会話を苦痛と感じている、というデータも存在します。

ということは、会話が苦手な人の来店も美容師さんはある程度慣れているに違いありません。

無視はさすがに美容師さんも傷ついてしまう恐れがありますが、こちら側がきちんと「会話は苦手です」という意思表示をすれば、きっと合わせてくれる人が大半だと思います。

無理することなく施術時間を乗り切り、イメチェンを実現させたいですね!

⇒美容室が苦手…ならば自分で切ってしまおう!セルフカットのコツ

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!

10代, 美容院-サロン の人気記事 

Sponsored Link

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)