留袖レンタルのためだけに都民共済ブライダル加入は損!もっと安く借りれますよ?

公開日:2017年12月8日

都民共済は、加入者のために「都民共済ブライダルプラザ」というウェディングに特化したサービスを提供しています。

都民共済に加入していて、「利用したいわ」という人や、ブライダルプラザのサービスのために共済加入を検討している人もいるようです。

ブライダルプラザのサイトには、新郎新婦の衣装レンタルのことが、くわしく掲載されています。

ですが、留袖レンタルのことを、ブライダルプラザのサイトで見たい方には、説明が少なくわかりづらいようです。

そこで、ブライダルプラザの、留袖レンタルを利用するときに、見落としがちなポイントについて整理しました。

「都民共済ブライダル」留袖レンタルを徹底解説

初期費用

都民共済ブライダルサービスでは、新婦が式のときの衣装を借りる場合に、留袖を借りることができます。

例えば、新婦の両親(父/モーニング 母/留袖)+親族2人分の留袖というパターンで、4着分が借りられます。

新郎新婦の両方が加入者の場合、それぞれの両親(父/モーニング 母/留袖)+それぞれの親族2人分の留袖が借りられます。

衣装を借りる親族が共済加入者でない場合には、割増料として別途1人に1,000円ずつ必要です。

親族5人目からの衣装レンタルが必要な場合は、個々に共済へ加入しなくてはなりません。(共済2,000円/月

親族が留袖を借りる場合で、本人が共済加入者、もしくは配偶者が共済加入者の場合は、割増料はかかりません。

式で、必要な留袖レンタルの枚数や、親族の共済加入の有無など、メモに書き出してみましょう

「1セットしか借りないから」という場合でも、かかる費用をチェックしてみて!

留袖レンタル費用

黒留袖 15,000円

色留袖 17,000円

サイズ展開

黒留袖 S(5号)~LL(19号)

色留袖 M(9~11号)

留袖のカタログはありません。

ブライダルプラザに予約を入れて見に行きます。

貸し出されていたり、メンテナンス中の留袖は見ることができません。

予約を入れた日のタイミングで、プラザにある留袖の中から選びます。

式場までの配送料

・クロネコヤマト実費(2,000円)×衣装レンタル人数分

・式場が東京か埼玉の場合、9時~17時の間が営業中であれば、専門業者がドレスを含む一式を8,000円で配送してくれます。(ハッピープランの場合、8,000円は無料)

留袖レンタルの付属小物

都民共済ブライダルプラザの留袖レンタルの付属小物は、9点です。

  1. 帯締め
  2. 長襦袢(ながじゅばん)
  3. 半衿
  4. 三河芯(衿芯)
  5. 帯枕(おびまくら)
  6. 帯板(おびいた)
  7. 帯揚(おびあげ)
  8. 腰紐(4本)
  9. 伊達締め(だてじめ)

これだけの小物では、留袖を着ることができません。

和装インナー類補正用小物、仕上げ用小物が必要

 留袖を着るときに、必要な草履・バッグを含む小物20点のくわしい解説はこちら

 

仕上げ小物-オプションレンタル-

まだあまり知られていませんが、都民共済ブライダルプラザには、オプションで、仕上げ用小物(草履・バッグ・末広)のレンタルがあります。


草履・バッグ・末広の3点セット 4,000円
(写真はイメージ映像です)

自分で用意する小物

付属小物とオプション小物レンタルのほかに、インナーや補正用小物を書き出してみましょう。

  1. 肌襦袢(はだじゅばん)
  2. 裾除け(すそよけ)
  3. 足袋(たび)
  4. 補整用ガーゼやコットン
  5. ウエスト補正
  6. ベルト
  7. コーリンベルト

以上7点。

なくては着つけができない小物もあるので、着つけをしてもらう方やお店で確認を。

着つけをされる方やお店ごとの好みや工夫があり、必要とする小物は多少違うことがあります。

準備不足で、現地であわてないように、何を追加で用意するのか、事前チェックで知っておきましょう。

都民共済ブライダルプラザの留袖レンタルはお得?

新郎新婦のレンタル衣装は、お得なようですが、留袖レンタルになると、ブライダルサービスプランのオプション扱いというか、少し雑な印象を受けました

あちこちに手配するのは面倒だから同じ場所で借りた方が、ラクだしお得と思っていなかったでしょうか?

追加でレンタルするものや、ほかで購入する手間がかかると、かえって出費がかさみます。

新郎新婦の衣装レンタルを利用しても、留袖レンタルサービスに関しては、分けて考えた方がお得です。

・小物が全部そろっている

・デザインをたくさんの中から選ぶことができる

・サイズバリエが豊富な留袖レンタル

を、この後ご紹介します。

理想の留袖レンタルサービスって?

レンタル業者への依頼のときに配送先を伝えれば、現地へ直接配送してもらえます。

追加で持参するものがなければ、衣装に関しては手ぶらで行くことも可能

式が終了後、クリーニング不要なレンタルサービスなら、すぐに着替えて、留袖と小物一式を、届いたとおりにパックしなおして、そのまま式場に預けて、集荷依頼をすれば、持ち帰る手間もないので、手軽・身軽・気軽。

最近は、大抵の式場では預かってくれますが、不安であれば、事前に集荷可能か確認しておきましょう。

必要な小物も全部無料で貸してくれる、高品質なのに1万円を切る留袖レンタルサービスがオススメですよ。

 留袖レンタルサービスの詳細はこちら

Sponsored Link

当サイトでは夢占いの記事を毎日アップしています!